システムエンジニアが定年まで勤めあげるには

Home  /  システムエンジニアが定年まで勤めあげるには

IT業界では常に新しいものが求められ、新しい技術がめまぐるしく開発されてきています。
その急速な変化に順応しつつ、新しい技術開発に携われることがIT業界の中心を担うプログラマやシステムエンジニアに必要とされる能力です。
その精神的、体力的なエネルギーの必要性から若い人でないと十分な生産性が保てないということが古くからいわれてきました。
そのため、60歳や65歳が通常の定年とされる世の中においても、実際にシステムエンジニアとして働けるのは30歳か35歳程度までで、それ以上になると別の仕事に回されるようになる、と考えている人の数は少なくありません。

そういったエンジニアの定年に関する考え方は若干薄れてはきているものの、依然として実力がなければ最先端の現場から外されるかもしれない、という厳しさはあります。
加齢に伴うエネルギーの低下や思考力の低下とは常に戦い続けなければなりません。

一般企業と同じ定年に至るまでシステムエンジニアとして働き続けるためには、若い人たちに負けないよう新しいことを勉強し、多彩な技能を持つことが重要になります。
1つの能力ではなく2つ、2つではなく3つというような幅広い技能を持つことで若い世代の人たちとの差異をつけ、自分の存在意義を切り開くのが有効な手段です。
また、技術力だけでなく、管理能力の高さやそれまでの経験も若い世代との差異となりえます。
常に学ぶ姿勢をとり、新しいことには前向きにチャレンジする。またコミュニケーション能力も可能な限り高めます。
このような方法によって自分の必要性を常にアピールし続けることで、長くプログラマやエンジニアとして働き続けることができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です